融資支援

融資の重要性

銀行等金融機関からの融資による資金調達は、企業にとって大きな課題の一つです。

現在のコロナ禍では、事業継続のための融資が必須であり、事業拡大の際にも設備投資のための融資が必要となります。
吉良税理士事務所では、日本政策金融公庫の紹介が可能であるとともに、融資を後押しするオリジナル資料や、金融機関目線の融資に強い決算書作成で、資金調達をサポートいたします。

ポイント

ポイント
ヒアリング

融資獲得のために、まず初めに企業の融資目的や資金使途、今後の展望をヒアリングを行います。
特に初めてのお客様の場合には、税理士が過去の決算書や試算表などを基に、お客様の状況を確認・理解することがスタートになります。

ポイント
事業計画書策定

金融機関は返済可能性の高い企業への融資を実施します。
当事務所では、実現可能かつ返済可能性を示すことのできる事業計画書を策定します。
過大な事業計画では、仮に融資が通ったとしても定期的なモニタリングで予実差異を責められ、却って金融機関からの評価を下げてしまうため注意が必要です。

ポイント
金融機関目線の決算書作成

決算書は融資審査で重要な要素です。融資の種類によりますが、過去数年の決算書を求められるでしょう。
金融機関目線の決算書とは、小手先の技術ではありません。
当事務所では、日頃から金融機関を意識した試算表・決算書を作成し、融資申請時に金融機関にとって評価の高い決算書を提出できるようにしています。

ポイント
経営革新等支援機関としての支援

経済産業省認定「経営革新等支援機関」の当事務所を経由することで、無担保無保証人融資や金利の優遇制度の活用可能性が広がります。

ポイント
適切な金融機関との付き合い方

創業期や成長期など各ステージに合わせて、日本政策金融公庫や信用金庫、信用組合、地方銀行、都市銀行と適切に付き合うことで、融資可能性が高まります。
また、融資時のみの付き合いではなく定期的な経営報告によって信頼関係を構築することも重要です。

ポイント
融資後のサポート

融資の目的は、事業の継続・拡大です。融資による資金調達は目的ではなく新たなスタートとなります。
当事務所では、融資獲得だけでなくその後の事業成功のために税務顧問など継続的なサポートを行います。